小さないぼができるのが特徴

包茎は見た目を悪くするだけではなく、性行為にも悪い影響が出やすいとされています。
さらに、注意したいのは性感染症です。
包茎の場合は、不衛生になりやすいこともあり、感染症のリスクは高いとされています。
性感染症になると、本人がつらい思いをするだけではなく、パートナーなど他の人にも感染させてしまうリスクもあります。
性感染症と呼ばれる病気にも多くの種類がありますが、尖圭コンジローマも多くの人が悩んでいる症状です。
尖圭コンジローマは陰部や肛門部分に鶏のとさかやカリフラワーに似た小さないぼが複数できるのが特徴的です。
いぼは、特に痛みやかゆみがないことも多く、できていても気づいていない人もいます。
痛みやかゆみなどがないために放置している人もいますが、放置するとさらに悪化する可能性もありますし、他の人にも感染を広げることにつながります。
再発も多い病気なので、根気よく治療を続けることが大切です。

どのような治療が行われるのか

尖圭コンジローマに似た別の病気もありますので、まずは医療機関で診察を受けるようにします。
尖圭コンジローマであった場合は、それぞれの症状に合う治療が行われます。
初期の段階であれば、まだイボは小さく、数も少ないことが多いので専用の軟膏による治療がすすめられることが多くなっています。
このほかでは、電気分解治療や液体窒素でいぼをひとつひとつ丁寧に除去する治療が行われることもあります。
パートナーも感染している場合は、一緒に治療を行うようにしましょう。
そして、包茎であることも、再感染のリスクがありますので、包茎も治療をしておくことがおすすめです。
治療は包茎治療という形で行われることがほとんどです。
治療は保険適用できる場合もありますが、見た目もよくしたい場合は保険適用できる症例でも自由診療を選ぶことができます。
手術をしておくと、感染のリスクを抑えられることはもちろん、見た目が良くなる、性機能が向上するなどのメリットもあります。

まとめ

包茎は不潔になりやすいこともあり、性感染症のリスクも高いといわれています。
尖圭コンジローマも多くの人が悩む症状で、小さないぼが陰部や肛門付近にできるのが特徴的です。
再発もしやすい病気なので、根気よく治療を続けることが大事です。
治療は薬や液体窒素による除去などで行われます。
再発を防ぐためには、包茎を治療しておくことも効果的です。
感染のリスクが下がることはもちろん、見た目のコンプレックスも解消されますし性機能の向上も期待できます。